絵の資料でも探してみますか

アニメの作画資料など
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
自己紹介
趣味でちょこちょこ絵を描いたりするもので、資料になりそうなネタ本を探している私です。 「これはよさげでは!?」と思った本や買ってみた画集・イラスト集の感想なんかがメインになると思いますが、日常ネタも綴っていくかも。 とりあえず、おてやわらかにお願いしますね。
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
メビウス死去
以前メビウスは60過ぎてもすごい!「B砂漠の40日間」の記事でイラスト集を紹介したメビウス。

昨日お亡くなりになったそうです。73歳。

メビウスというのはペンネームの一つ。ジャン・ジローという本名で覚えている人も多いかとも思います。

フランスのマンガ・B.D.(バンド・デシネ)の漫画家ですが、日本でも多くの漫画家が影響を受けていてとても有名。

まあバンド・デシネは「タンタンの冒険」しか知らないという人もいるかもしれませんが。

メビウスの絵は世界観というか、浮遊感みたいなのがすごいです。

こういう偉大な作家が亡くなるのは悲しいことですね。

もう彼の新しい絵を見ることはできないのだと思うと。

73歳ならば仕方がないとも言えますが。ご冥福をお祈りします。
かっこいいギャルソン写真集
厳密にはポーズ集じゃないのですが、カフェのギャルソンの絵の資料としてよさそうな本が「パリのギャルソン」。

その名の通りパリの16のカフェのギャルソン達の働く姿を写したカラー写真がたくさん載ってます。

カフェごとにギャルソンの制服もさまざま。カフェの格によっていろいろですね。

ジャケットあり・なし。ネクタイあり・なし、ベストあり・なし。色も黒白赤緑などなど。

服の色がいかにもフランスの色。

白シャツ、黒ベスト、黒パンツ、白エプロンみたいな定番(?)カラーもいいですが、キャスケットやハンチング、パンツにサスペンダーのベル・エポック的大衆イメージの服装もGood!!

ギャルソンの年齢もさまざま。若い長髪ギャルソンから、74歳ギャルソンまで。

74歳ギャルソンの笑顔最高(笑)!ステキすぎます。

若いギャルソンもカッコいいけど、年配の渋いギャルソンもステキですね。

みんな姿勢いいなー。

働いている姿を写した写真が多いので、カフェの風景やお客さんや料理や小物、まかない、ワンコなんかも一緒に写ってます。

ギャルソン以外にカフェで働くエカイエ(牡蠣をむく人)や料理人、セルヴールなども少々。

女性もちょっとだけ写ってますが、ギャルソンなので男性中心の写真が多いです。

古いレジとか本日のメニューとか、小物もいいですね。

写真にはかんたんなメモ的解説もついていて、なかなかいいかんじです。

巻末にはこの本で紹介されているカフェの住所・電話番号・定休日・営業時間・電話番号・URLまで掲載。

旅行で役立つカフェの基礎知識とか、カフェの食事、カフェの小物類などのコラムもあるので、基本的にフランス(パリ)旅行に行く人へのガイドブック的な要素もあります。

というか、もともとパリのカフェガイド的な本です(笑)。

縦21cmくらいのちょっと小さい本ですが、載っている写真はなかなかステキ。

↓のリンク先で中のページの画像も紹介されてます。興味ある方はどうぞ。


パリのギャルソン (制服・衣装ブックス)
水木しげるさんの貸本漫画カタログ
漫画家の水木しげるさんといえば、「ゲゲゲの鬼太郎」「悪魔くん」などで有名。

それしか読んだことがないという人もいるかもしれないけれど、貸本漫画時代には戦記物、時代劇、さらにはSFや少女漫画まで描いてます。

最近は貸本漫画時代の漫画も復刻されはじめているけれど、いきなり手は出しにくいもの。

「どんな内容?」と思った時に調べるのに便利な一冊が「水木しげる 貸本漫画のすべて」という本。

本はB5サイズ。わりと大きくて見やすいです。

カラーページでは1957年〜1965年までの、水木しげるさんが描いた漫画の表紙がカラーでまとめられています。

そしてモノクロの作品紹介ページは1作品1ページで、上段に本のストーリー紹介、下段に漫画の抜粋という構成。

絵やセリフが入ったコマをそのままコラージュ的にのせているので、作品の雰囲気がとてもわかりやすいです。

巻末には年代別の作品一覧や復刻された作品一覧も。

復刻された作品一覧は、復刻年月日、元の作品名、出版社、金額、復刻単行本のタイトルが載っているので、この本の作品ページで興味を持った作品が復刻されているか、いつごろ復刻されたのかがわかるので便利ですよ。

そんなわけで水木さんの作品を「ふーん、こんなのがあるんだー」などと言いながら紹介されてる話を読んでみた私。

水木しげるさんの作品には無常感があふれた作品が多くて、あっさりメインキャラが死んでしまうことがありますねー。

ホラー系が苦手ではないし、そんな話ばかりでもないのですが、無常に死んでいく人々の話をこれだけたくさん読んでしまうと、ぽっかりした虚無感に包まれました。

平和で気持ちが落ち着いているときにはいいかもしれませんが、不安定な気持ちの時には読むのはおすすめしません。

「サイボーグ」という作品を読んだ時のやるせなさ。

ソユーズ1号で世界で最初に宇宙事故で死んだパイロット・ウラジーミル・コマロフを思い出して、なんだか暗い気持ちになりました。

へたれな性格なので、もうちょっと落ち着いた生活が取り戻せてからじっくり読みたいです。


水木しげる貸本漫画のすべて
ACで話題(?)の金子みすずの詩集
2000年ごろにちょっとしたブームがきてた詩人の金子みすゞ(=金子みすず)さん。

最近AC(公共広告機構)のCMで使われて、またまたブーム再来ですね。

ACのCMで使われた詩のタイトルは「こだまでしょうか」。

わりと短いシンプルな構成の詩です。

こだまでしょうか
金子みすゞ

「遊ぼう」っていうと
「遊ぼう」っていう。

「馬鹿」っていうと
「馬鹿」っていう。

「もう遊ばない」っていうと
「遊ばない」っていう。

そうして、あとで
さみしくなって、

「ごめんね」っていうと
「ごめんね」っていう。

こだまでしょうか、
いいえ、誰でも。


最後の「こだまでしょうか、いいえ、誰でも」の意味がよくわからないという人がいるそうですね。

うーん、わからないかなー?

けっこうわかりやすいと思うんですけど。

その前の文章では、誰かがある言葉を言うと同じ言葉を返してくることを挙げてますよね。

遊ぼう→遊ぼう
馬鹿→馬鹿
もう遊ばない→遊ばない
ごめんね→ごめんね

これだけみてると、オウム返しのように言葉を返しているようにもとれます。

だから「こだまでしょうか」→深い意味もなく同じ言葉を返しているだけでしょうか?

と言ってます。

それに対して「いいえ、誰でも」→いいえ違います。人は誰でも素直な言葉には素直な言葉を返すし、いじわるな言葉にはいじわるな言葉を返すものなのですよ。

と言ってるわけですね。

そして言外に「だから人には優しい言葉や素直な言葉をかけましょう」という含みももたせているのですね。

金子みすゞさんの詩はやさしい詩も多いけれど、「大漁」のように同じ事象を異なる視点で見ている詩も多いですね。

「大漁」は浜辺でイワシの大漁を喜ぶ人々に対して、海中ではイワシの弔いをしているだろう、と一つの事象を喜ぶ立場の者と悲しむ立場の者の視点で描いてます。

人々の喜びに水をさすような、ちょっと暗い締め方が印象的です。

「やさしい」というのとは微妙に違う気もするんですよねー。冷静な傍観者という気がします。

「私と小鳥と鈴と」みたいにかわいいかんじの詩もあるんですけどね。

とにかく言葉の響きというか、使い方が印象的。

大正時代の詩人だから、ほとんど現代語でとっつきやすいです。

「詩は苦手」という人でも「こだまでしょうか」が心に残ったなら、他の詩も一度読んでみるといいですよ。


わたしと小鳥とすずと―金子みすゞ童謡集
メビウスは60過ぎてもすごい!「B砂漠の40日間」
フランスのBD作家(漫画家って言った方がわかりやすい?)メビウス。「AKIRA」の大友克洋さんとか日本の漫画家でメビウスの画風に影響を受けた人も多いので、私も名前くらいは知ってました。

イラストもちょこちょこ見たことがあるので何となく知ってましたが、最近彼の本を見ましたよ「B砂漠の40日間」。

リンク先には本の中のイラストも一部紹介されているので、興味ある人はどうぞ。

正直ストーリー(?)はちんぷんかんぷんですが、この本のイラストすごいですよね。

モノクロの線画イラストばかりですが、巻末インタビューによるとメビウスは60歳すぎてもロットリング一発描き!下書きなし、修正なしでこの本の絵を描いたそうです。

ロットリング0.2と0.13ですって。聞きましたか?明日ひとっぱしりロットリング買いに行こうかと思いましたよ(笑)。

私筆圧強いから、0.2はともかく、0.13なんか使いこなせる自信がないけど(笑)。

どんな道具でもそうですが、これだけ使いこなせたらいいですよねー。

同じ筆記具を使っても、下書きあり、修正ありでも、同じ絵を描けといわれてもなかなか描けませんね。

ロットリングでも達人が使えばこれだけ描ける!といういい例だと思います。一見の価値ありですよ。


B砂漠の40日間